みたり 走ったり

公案







e0148989_1542480.jpg





いわゆる禅問答が公案です。雲水達は公案をいただき悟りを模索するそうです。


最近なにげなく石を削ってますが


なにげなくという感じなので、答えに向かって削ってる訳ではなく


それが大変苦しくも、楽しくもあるのです。


たとえば卵のかたちに削ろうと思えばそこにロールモデルが存在する訳で


イメージに近づけていけば良い。


でもそれが無いということは石と向き合いながら


なんとなく形を探していくので


時間がものすごくかかるし、頭もつかいます。




このような作業をレヴィストロースはブリコラージュと呼び


現代には芸術という分野にしか残ってないのでは?と


いわれる野生の思考なのです。


これがまた禅とかぶさって面白い。




なんでも溜めに溜めると溢れ出します。


その溢れるものは何なのか


ひとつ見てみたいものです。




ロールモデルを追っていてはロールモデルにしか近づけないのです。
[PR]
by locutan | 2011-11-03 16:00 |