みたり 走ったり

東の魯山人、西の半泥子


ということで、横浜そごうに川喜田半泥子の展示を
見に行って来ました。

氏の作品を生で見るのは初めてのことでしたが
とても良かったです。

昔の人の作品(さほど昔ではないが)って
なんかいいよなぁ。つまってるというか中身があると
いうか重たい感じがします。

どうも今の作家の物って、紙に書いた流れ星をみているみたいで
なんか綺麗過ぎる気がする。

求めてるものがファッションみたいな。。

なんかそういうものが流行ってるし求められているのだろうけど
それはつまらないよなぁ。

もっと一人一人が余裕をもって一つのことを
じっとみつめ掘り下げていける時代がくるといいなぁと
思いました。

そういうのが豊かさだとおもうなぁ。



でも写真と実物がものすごく違ってて、ちょっと
安心しました。

生に触れないとなんでも分からないんだよ。

なんでも。




六反征吾
[PR]
by locutan | 2010-03-23 02:10 | 雑記