みたり 走ったり

そのころの空気感



なんかふとアレンギンズバーグを思い出す。

久々にあの空気感に触れたいなぁ。

知ってるけど未知なもの。みたいな。

乾いた空気。

無機質に。

でも知ってる。

雨を細かく砕いて金平糖のように

固めた。

あの小さな恥ずかしさのかたまり。



そのとき

その都度

感じる記憶が

年々色あせてきてる気がする。

昔の記憶はそのときの感情まで、

空気までが色濃くに思い浮かぶが


最近は映像だけ

歳月は感覚をすててしまったのだろうか。















六反征吾
[PR]
by locutan | 2009-08-06 03:14 | 雑記